| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

残念ながら。

え、最後にこれ!
…って感じですが。
出産予定日を1週間すぎても生まれないので
病院でママ猫のエコーをとってもらったところ…。
先生「羊水らしきものが確認できませんね…」

以下は先生の見解ですが
妊娠初期、まだ気づかない頃に早期流産したまま
身体だけが妊娠状態をキープして来てしまったのでは、とのこと。
私が触って子猫だと思っていたのは
できてしまった「本来赤ちゃんを守るための諸々」
だったようでした。
猫の空妊娠、というのは話には聞いていましたが
まさかこのタイミングで来るとは^^;;

大きなお腹と、お乳さえ出てくるオッパイを見ながら
「それでも1頭くらい入ってないかなあ…」
なんてため息付いちゃいましたが
とりあえずはその「お腹の中の諸々」が
無事に出てくるまでは心配も尽きないので。
これもご縁と諦めて、ケアの方を頑張るつもりです。


実は今回、情報公開を先にしてしまったばかりに
びっくりするほどのお問い合わせをいただいてしまいました。
心からありがたく感じるとともに
尻すぼみな結果になってしまったことが本当に申し訳なく…。
それぞれご連絡をさせていただきましたが、
この場で改めてお詫びを申し上げたいと思います。
どうか皆様に、よい出会いがありますように。


To catteries from Taiwan,and Hongkong
Excuse me but I will close my cattery.
I would like you to find lovely kitten from another cattery.
Best Regards,
EVESGARDEN

スポンサーサイト

| 未分類 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに赤ちゃんが生まれます♪

最近、お友達やにゃんこが養子入りしたオーナーさんからの
ご連絡の8割が電話になりました…^^;
曰く、「要約:メールしてもレス遅いんじゃキサマー!」
(↑ほんとは皆様もっと優しく言ってくださいます)
えーとごめんなさいごめんなさい。
ツイッターも放置気味でまじすんませんwww
120810t2.jpg
おかげさまで、にゃんこたち共々元気に生きてますwww


そんなわけでですねー。
放置してる間に、久しぶりのこにゃんがですね。
ママのお腹に宿ってくれたのを確認しました。
去年の牡丹ちゃんと同じパパママです。
黒猫スキーのワタクシ、近年は黒カールちゃんが
生まれる確率の高い交配しかしてないので
多分今回も黒い子は生まれてきてくれるんじゃないかな♪

…ということで出産予定は9月あたまです。
これを区切りに男の子を全員去勢していったんキャッテリーを閉じます。
実は先日腎不全で亡くなった子がいまして。
よくよく考えたら、うちも10歳を超えた高齢猫が増えてきたし、
その子たちのケアを優先したい気持ちが強くなったのです。
月日が経って、もしまたブリーダー業を再開したいなんて
思うようになることがあればそれはその時考えます。
そっちはまったく未定ですけども。
120810t1.jpg
アキちゃんももう13歳だもんねー。月日の流れるのはほんとに早い!


ええとご報告はそんな感じですが、
今回はもしかすると子猫のオーナーさん募集をするかも?
その際には生後1ヶ月を目安にこちらで情報公開しますー。
もし万が一にも、その前にフライングで写真見たい人がいたら(笑)
直接ご連絡くださいな。

| 未分類 | 00:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

監査がきましたよ!

動物愛護センターの監査(5年に1回必須)がきました!
いやぁ~いろいろ悩んでもいましたが
やっぱりいろんな部分で有意義だったと思います♪

5年前の監査の時は、この法律が決まったばかりだったので
センターの人も手探りだったのだと思いますが、
今回はチェックする部分が細かいし丁寧だし。
規定に無い譲渡契約書や飼い主さんへの最初のお願いのお手紙なんかも
結構真剣に目を通してらしたのが印象的でした。
120522t2.jpg
親バカ的視点からは、センターの方にみぞれがすりすり&足でつめとぎ?を
したときに「うわぁ、これ嬉しいなあ」ってつぶやいてらしたのが
大変好印象でしたね!(笑)
なんかその一言ですべて好意的に思えるようになっちゃったようなw


八幡山の動物取扱業の電話担当者は驚くほどけんか腰なので
本当に辟易しましたが…
監査にいらした方々はとても穏やかで逆にびっくりでした。
猫好きそうだったし、カールについても興味深々でいろいろ質問してくれたし。
「初めて見ました!」ってにこにこしていらしたのも嬉しかったww
数日後には登録証も届いて、お仕事の早さにもにこにこです。
うちの辺りの管轄支部の電話番号を教えていただいたので、
もし次回とかに連絡が必要になった場合には
絶対そちらに電話しようと思います(笑)

八幡山の担当者は足の小指をどっかの角にぶつけるといい。
夏には鼻の頭とかを蚊に刺されるといい~(地味な呪い)

120522t1.jpg
初音ちゃんも「わぁきれい!」って褒めてもらいました。
あと半年で10歳になるとは思えませんね~

| 未分類 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

監査?が来ますよ~っと。



前回の記事で悩んでいた諸々。
ちょびっとだけベクトルを変えて考えることにして
登録だけは継続しておくことにしました。
あれからまた愛護センターから
登録についての連絡が来てお話をしたりしたのですが。
今後繁殖するかどうかはともかく
ブリーダーに対して必ずしも好意的ではない人が
マニュアル片手に猫の環境を見に来るというのは、
お掃除の方法や今後の指針を考えた時に
多少のスパイスにもなるのではないかと、ちょっと思ったのでした。

というわけで来週監査がきますよ~っ
120510t2.jpg
キャットウォークも「設備」かしら?w
「設置してますッ」って申請してないけど大丈夫かしらwww


…ちなみにこの「事業所登録」。
北海道とか沖縄とか離島に住んでいるブリーダー、繁殖家でも
全国共通で義務化されています。
大雑把に言うと、実費であっても1円以上お金をもらって動物を譲渡することが
年間2頭以上発生する場合には登録しなきゃいけない、と
考えると間違いがない感じです。

先日メッセをいただいた方が、遠方のブリーダーさんに確認したところ
「大都市はそうだけど田舎は厳しくないから」なんて言われたとか^^;
そのブリーダーさん、お名前をきいたことのある人だったので
コメントしづらくて苦笑しきりだったんですが。
「猫は大事な家族だし自分は悪質な業者じゃない」なんてことじゃなくて
一応それ違法なんでちゃんと登録したほうがいいですよー。
…って、その方がここをご覧になることもないでしょうけれど^^;

120228t2.jpg
先日ちょっと懐かしい子が里帰りしてました。
2006年生まれのマナ×リュウっこの琥太郎くんです。

| 未分類 | 09:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リュウのあくび

昨日の柳太郎。
120424t1.jpg
「ふ」

120424t2.jpg
「わぁぁぁぁあああああああ~っ」

120424t3.jpg
「…っと。」

120424t4.jpg
「うむ。いいあくびでした。」


こちらは長らくご無沙汰ですw

いやぁ、猫ブログを完全放置してみると
あれこれ嫌なものをうっかり目にすることもなくて(←)
結構穏やか~に過ごしてたんですが(おぃ)

そんな矢先に動物愛護センターから連絡があり
「事業所登録してから5年経ったので更新の時期ですよ」とのこと。
(ブリーダーは5年前より、各都道府県への事業所登録が義務付けられました)
考えてみれば、CFAにキャッテリー登録をしてから早11年。
東京都に事業所登録をして5年。もうそんなに経ったか~…なんてしみじみです。
…とはいえ、これほど「事業」的なことをしていないブリーダーも
どうなんだってきもしますがw


ぶっちゃけ、この登録をするためには
5年毎に15000円の登録料と毎年1度の有料講習受講(各2500円)が義務である上
いろいろと詰めの甘い規定(←)にも従わなければなりません。

例えば同じ「ブリーダー」でも
どんな動物を扱うかで指導は違うべきはずなのに、全部同じ扱いだし。
「動物を売る」って時点で、厩舎でもペットショップでも個人宅でも
すべて「事業施設扱い」。
「猫がオシッコしたら、猫トイレを掃除。家のお掃除は午前中」
のように、曖昧なことではダメなんです。

レストランなどのお店のトイレにあるようなチェックシートを用意して
「毎日何時に必ずお掃除してますッ!チェックよ~しッ!」
みたいなものをつけておかなきゃいけません。
ちなみにこれ、前述のように随時お掃除してますって場合には
「○月○日22時、本日も確実に清掃業務を行いました!はい、マルッ!」
…といった感じにすればいいらしいんですけどね^^;
なんだかね。


「最低」の環境におかれている動物を救済したいのであろう法令内容は、
普通の環境下にいる動物に置き換えて見れば、ばかばかしいことばかり。
けれどそれを愛護センターの人に質問してみても
頭から「手抜きしようとしたってそうはいきませんよ!」って態度で
「決まりは守ってもらわなくては困りますからッ!」みたいな喧嘩腰。
世の中にどれほど悪質なブリーダーとか業者がいるのか知りませんが、
国や各自治体や愛護センターやらが。
定めるべき、管理すべき、指摘すべきところを間違えているから
先日のヒグマ牧場のような事故だって起こってしまうんだと私は思う。
現行法では、法を守る気のない業者ばかりはびこって
逆に不幸な動物が増える気しかしません。。。


…って、話がそれました;


そんなこんなで、今私が猫のプロでいよう、と考えるのは
嫌なことにたくさん目をつぶることでしかなく。
だったらもう、ブリーダーなんて辞めようかなぁ。
どの道、離れ気味だったし。
…なんてことも、思ったり、思ったり、思ったり、躊躇ったり。


そんな今日この頃です。


120424t5.jpg
「爪とぎもしないとねー。」

| 未分類 | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。