≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

動物取扱責任者講習

が、ありました~
東京都では2月3月の間に3回の講習があり、
そのどこかに1回以上参加することになっているので
中日の今日は人も少ないだろう…なんて思っていたのですが
350人ほどの受講者がいたようで、会場は人がひしめき合っておりました

講習内容は、動物愛護法に基づいた動物取扱責任者の義務だったり
心得?だったりがメインっぽかったわけなんですが…。
感染症関連のお話をされた獣医師の方のお話が興味深かったので
講習が終わったあと、控え室まで質問に行ってしまいました(^^;)


題して?「猫への3種混合ワクチン接種の意義について」。
自分は猫のブリーダーをしていること。
よく生後2ヶ月で1回、3ヶ月で1回の接種を勧められるけれども、
以前3種混合ワクチンの摂取によって
アレルギーを引き起こし、亡くなった子猫がいたこと。
さらに知人の飼っていた日本猫(成猫)が、
ワクチン接種の2日後に突然死したことがあるということ。
それが原因で、以来ワクチン接種に非常に不安を覚えることを踏まえて
完全室内飼育の子猫にワクチンを接種する意義はどんなことなのか、
また接種することで、ワクチンに含まれる以外の病気やウィルスに対しても
免疫を上げることはできるのかどうか…。

この先生、非常にぶっちゃけた方でびっくりしたのですが、
「病原菌を体内に入れるわけだから、身体に負担でないはずはない。
当然4種、5種になっていくほど負担も増えていきます」
と前置きした上で、いろいろ教えてくださいました。


その内容についてうちの先生とも話したんですが
いろいろ考えるところがあったので、
以下文面を訂正しました。(03/14/2008)


この先生が共同著作されてる文献をたまたま持っていたので
その会話の内容と同じ部分を抜粋します

「今発売されているワクチンは、ネコ伝染性腸炎、ネコカリシウィルス感染症、ネコヘルペスウィルス感染症の3種混合ワクチンと、ネコ白血病ウィルス感染症の単独、もしくは混じった4種混合ワクチンです。
この中で一番ワクチンの効果がいいのがネコ伝染性腸炎のパルボウィルスのもので、一番効果が薄いのがネコ白血病ウィルス感染症のものでしょう。しかし、ウィルスの強さはパルボウィルスが一番で、ネコ白血病ウィルスは大変弱く、発病するには濃厚感染する必要があります。したがって、感染する機会のないネコには接種する必要はありませんが、ネコの出入りの激しい場所や外へ出るネコは接種する必要があります(誠文堂新光社『ネコの繁殖と育児百科』より)」


ちなみに他の部分で、言ってることと書いてることが違うじゃないか~
…な記述もあったんですけど、それは気づかなかったことに。。。ふぅ


漠然と感じていたことが正しかったようだ…と思う反面、
ではなぜ…とやりきれない気持ちも大きく。
30分近くも親切にお話くださった先生に感謝しつつ、
なんかいろいろ凹んだお話でした(;_;)
とりあえずこの先生が書かれたという文献を探してみようと思います

080312.jpg
今日唯一ブレてない写真~( ̄▽ ̄;)
ちなみにはるかです。

そんな箱庭。はブログランキングに参加中です☆
みやこが喜びますので、どうか↓の「アメリカンカール」を
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
ぽちっと押してやってください(*´艸`)
本日も箱庭。を見ていただいてありがとうございます♪
スポンサーサイト

| 未分類 | 04:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

suzukiさんみかんさんすみません~!
記事訂正にあたりコメント誤削除してしまいました
suzukiさんよかったらメールください
みかんさん改めてメールさしあげますー

| みやこ | 2008/03/14 14:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://royalplatinum.blog48.fc2.com/tb.php/270-cca1a3a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。