≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんだろうこの大波( ̄▽ ̄;)

今日書店に行って発見した「日本と世界の猫のカタログ2010」。
091030_2.jpg
この本はショーに来ている写真家さんが写真を提供
&基本的にTICAのルールに則って出版されてるので、
ショーキャットは載せていただける場合が多いのですが…。
去年は特にショーにも行かなかったからねえ…。
…とめくってみて腰が抜けそうに( ̄▽ ̄;)
091030_3.jpg
えーと。えーとこれわ…
ナニゲに秘蔵っこの翼宿くんでは(笑)
ブログほぼ初公開の翼宿くんでは(笑)
うちに遊びに来た人には一番人気の翼宿くんでは(*´艸`)
そういえば1、2回ショーに連れてったし
写真も撮っていただいた記憶はある。
そんでもって彼はうちで最も毛質の優れたアメリカンカールでもある。
(なんて言っても某大物外人ジャッジ様が
50頭いたABでオープンにも関わらずファイナル入れてくれた子だからね!)
↑分かる人しか分からない自慢

…でもさ。
091030_4.jpg
なんでこの子の一番だめっこなお耳が「注目」されとるんですか…Orz
しかも耳の角度だけでタイプが決まるかのようなこの表記…。。。がっくり
猫を知らない編集さんの作る猫雑誌なんて所詮こんなもん…。
うちの子を載せてもらうのはとっても嬉しいのに
間違った紹介をされるこのがっかり感はなんでしょう(^^;)
皆さん、猫種のこと本当に知りたかったら書物なんて信用しちゃダメよー。
恥ずかしくても多少抵抗があったとしても、
どうか各種類のショーブリーダーに尋ねて、正しい知識を得てくださいね…。

091030_1.jpg
ま、ゆっても僕が公の場にでっびゅー☆したわけですね?


ま、しかしこの本。
一見の価値があるなーと思うのは
カールとマンチカンを交配したという新種が載ってること。
曰く、その名は「キンカロー」。…キンカロー??
ここ数年、同じ掛け合わせの子猫を
「マンチカール」などと言って高値で売る詐欺師まがいの業者や
それを鵜呑みにした獣医による猫種紹介本なども増えてましたが…。
真剣にそういう特徴をもった猫を作出したかったブリーダーは
安易な金儲け主義者たちとは一線を画したかったということかしら。
この本の情報源はアメリカのTICAエキジビタ-でしょうから、
いずれはキンカローという種類が承認されるのかも?しれませんね。
まあ、言ってもカールのブリーダーとしては
奇形がルーツになってる猫同士を掛け合わせるなんて
到底考えたくもないお話ですけれど。

091030pochi.jpg
ままーままー。冷静に冷静にっ
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お耳カワユイですね♪
さすがモデルになるだけの仔だわ。
お顔もモデル顔してますね(^O^)

うちの仔の雑誌デビューは いつの日か・・・

| たいたい | 2009/10/31 06:15 | URL |

たいたいさん>
学研の「うちの猫のキモチが分かる本」おすすめですよ~!
編集さんがむちゃくちゃいい方で
投稿写真をすごい大事にしてらっしゃるのですよ☆
好きな雑誌いろいろあると思いますけども
実際にお会いしたら、私はここが一番好きでした(*´艸`)

| みやこ | 2009/11/01 01:35 | URL | ≫ EDIT

きんかろ~!?

すごいネーミングですね!マンチカンとカールなんてかわいいに決まってるけど。。。でも、確かにそこをかけあわせるの。。。って感じですよね(汗)

| ぷりめる | 2009/11/07 03:25 | URL |

「キンカロー」ですか?
何でしたっけ?前回はアメリカンカールと別物のサラマンダー(アレ?
今回はまだ未購入ですが・・・

先日メールしたように野生でお耳がカールネコが居たことに驚き・・・
犬も当然ながらそうなのですが、新種をやたらと作りたがるんですよね・・・
まぁ、そういうのはアメリカ人が得意なんですが最近は日本でも
流行っているようで・・・
キチンとしたその種類ごとの特徴、多い疾患など理解もせずふざけています。
今病院で勤めているので余計に目立ちますが、純血でさえきちんとブリーディングされていなくただのパピーミル出身が多いことに落胆します・・・
ため息が止まりません・・・
犬ならその固体見るだけで計画されたブリーディングの固体なのかすぐ分かりますね。
動物病院のトリマー・・・ある意味やる気失せてます・・・
でも別の意味で勉強にもなっています。
しかし、自分が育った環境から今の環境はペット業界の悪い所が露わで
イラつきが止まりません。。。

| chaos★ | 2009/11/08 16:35 | URL |

ぷりめるさん>
きゃーごぶさたですー(*´艸`)
以前、マンチカンのブリーダー、というより繁殖屋さんは
混血を作る人が多いから…なんて注意報が回って来たことがありましたが
カールはカールの、マンチカンはマンチカンの魅力があると思うんですよね。
その特徴を持っていない子であっても、種類特有の性格というのはあるわけで
それが理解されない場合が多いのはちょっと寂しいですよね(;_;)
立ち耳のカールや長足のマンチカンには価値がない…なんて
言う人、時々いるので
混血の子を見るとそういう人間の犠牲者のように思えて
痛々しく感じられてしまうのが辛いです。。。

chaosさん>
今回の本はゆりちも載っていますので
ぜひチェックしてみてくださいねー(*´艸`)

もう何年も前ですが、カールのサイトを探してネットサーフしていた時に
江戸時代だかに描かれた絵に耳の形の変わった猫を見つけた、
これは「ジャパニーズカール」に違いない!
…なんてことをサイトに書いてる獣医がいたんですよね。
まだカールなんてほとんど無名の頃でしたし、
その日本画の猫の耳はゆるゆるに波打っていたのもあり
「獣医ならまず耳血腫を疑おうよ…」とがっくりしたことがあります。
「ワクチンは猫も必ず年1回以上」なんて言う人も然り、
日本はショップも獣医も、トータル的にレベルが低いように感じます。。
まあ、動物愛護法自体に問題があるのでアレですが
そんな中でできるのは、自分はそうならないこと…
でしかないのかなと思います。。
いろいろ思うところは多いのですけどねえ…(^^;)

| みやこ | 2009/11/08 20:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://royalplatinum.blog48.fc2.com/tb.php/512-a46b0444

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。